· 

レコードの見本盤って高く売れるの?

 レコードには「見本盤」というものが存在します。これはそのレコードを正式に販売する前に見本として作成されたものです。レコード会社の社内で製品化前に作成したものや、ラジオ局、テレビ局、レコード店などにかけて欲しくて配るものなどあります。

 

 ヤフオクでは以前は見本盤で出品すると取り消されたり通報されたりしておりました。今ではすごくゆるくなって、見本盤で検索すると万を超える出品があります。CDは明確に禁止されていますが、レコードに関してはその記載はありません。

 

 メルカリに関してはCDも違反にはなっておりません。ですので、CDの見本盤(サンプル盤)をお持ちでしたらメルカリで売ることをお勧めします。

 

 本来、見本盤は譲渡ではなく貸与されているという体なので、所有権はCDの会社にあってそれを勝手に販売してはいけないということのようです。レコードに関してはあまりにも古いことなのでケアをしないということなのでしょう。

 

 で、結論を先に申し上げますと高く売れます。レコードの収集家は基本的にマニアです。マニアはよりレアなものを集めたがります。

 

 よくレコードのコレクターで初期盤(オリジナル盤)を集めている方がいらっしゃいますが、サンプル盤は初期盤よりも前に作られているもので、より数が少ないので希少なのです。

 

 過去3年間の高値で落札された見本盤を見てみましょう。 

一番の高値はこちらです。ビートルズのホワイトアルバムの赤盤、丸帯の見本盤で手書きです。こういうのが非常に高く売れます。これは134万円で落札されています。これはレコード会社がテストプレスをしたものだと思えます。これの出品者の方もタイトルに見本盤とかサンプルとか記載していなかったのですが、これだけの価格になるのですから、メルカリで200万ぐらいで見本盤として出品していたら売れるかもしれませんね。ちなみにビートルズのホワイトアルバムで2番目に高いものは19万でした。

二番目に高かったのは、イギリス盤のクラシックのレコードでした。HMVのケンペ指揮ウィーンフィルの管弦楽曲集でした。これが50万円で落札されていました。このアルバムのMONO録音は見本盤だけのようで、非常に貴重なものです。

50万で落札されたのがもう一点あります。デレク・アンド・ドミノス米盤です。LAYLAです。これはMONO録音でMONO録音は見本盤だけのようで、非常に希少なものです。

次に高かったのはピンクフロイドのウマグマの赤盤です。こちらが44万です。ウマグマの見本盤でないので一番の高値は18000円ですので、いかに見本盤が高く売れるかわかると思います。その次に高かったのもおなじウマグマの見本盤で42万5000円でした。

次は日本人ミュージシャンでした。エイプリルフールというバンドで、小坂忠、細野晴臣、松本隆(零)などが所属していました。これが42万4000円で落札されています。