· 

SACDは高く売れる?

 SACDとはSuper Audio CDの略で、ソニーとフィリップによって開発された高音質CDです。通常のCDプレイヤーではのCDの通常録音部分が再生され、SACD専用のプレイヤーではSACD部分が再生されます。

 

 ヤフオクで直近1年の高値をチェックしてみました。やはりクラシックのボックスものが高値で売れていました。

 こちらがヨッフムのブルックナーの交響曲全集9枚ボックスです。こちらが中古で94000円で落札されていました。

 こちらがショルティのニーベルングの指環です。これが114000円で落札されていました。レコードでも同タイトルのものがあるのですが、あまり高値では売れないので、さすがSACDだなと思いました。

 こちらレコードでは英DECCA盤が有名なケルテスのドヴォルザーク交響曲9番です。これを日本のハイエンドオーディオメーカーのエソテリックが出したもので、これが59000円で落札されていました。

 ちょっと毛色が変わったもので、こちは中森明菜のボックスで30周年記念ボックス18枚入りが、59000円。

山口百恵の22枚入りボックスが52000円で落札されていました。やはりファンは少しでもいい音のものが欲しいんですね。