· 

ebayでレコードを売ってみては?

 これはかなり敷居の高い話ですが、ebay(イーベイ)でレコードを売るという方法もあります。ebayというのは世界最大のオークションサイトで、登録者が1.6億人いるといわれています。ヤフオクが600万人ですのでヤフオクの26倍以上の登録者数になります。金銭のやり取りはPaypalという支払いシステムを利用します。日本語でも登録ができるので非常に簡単です。

 

 日本のレコードが世界に売れるの? と思われるかもしれませんが、売れるのです。世界中の人は日本製品が好きなのです。まず、盤質がいい。世界の輸入品のレコードと比べると日本のレコードの塩ビの質は格段にいいのです。また、帯という独特の文化がある。海外のレコードやCDには帯がついていません。ですので、帯つきというのは海外のコレクターには特別な価値があるのです。レコードのシングル盤に日本ではあたり前に表紙がついていますよね。海外のシングルレコードにはこれがついていません。これを海外ではPicture sleeveといいます。海外では無地の白い袋に入っていたり、袋に写真がプリントされていたりします。

 

 価格に関してはロックやジャズのレコードは日本より割高に売ることができます。以前は格段に高かったのですが、今は結構ebayで売るレコード屋さんも多くなってきたので、割高感は下がってきましたが、それでも20%-50%ぐらいは高く売れます。

 

先日このレコードがebayで48ドルで売れました。約5000円です。ヤフオクでの過去1年での最高値は1962円です。このような例はたくさんあるのです。過去3年で比較してもほぼほぼ過去3年の最高値以上の値段で落札されます。

 

それだけではなく我々のようなプロになると、海外に売ると消費税の10%がかからないのです。海外の人から日本政府は消費税を徴収できません。しかも、仕入金額に入っている消費税は還付されるのです。つまり、1000円で仕入れて2000円で売る場合、日本では200円消費税を払わないといけません。しかし、海外で売ると消費税を払わなくていいプラス仕入の1000円に含まれる91円の消費税が還付されるのです。さらに落札者がアメリカ人だった場合、落札金額にはアメリカの税が含まれているので、それも還付されます。業者としてはおいしいところだらけです。

 

 難点としては英語のやり取りが必要になりますが、多少英語に自信のある方はやってみたらいかがでしょうか。

 

 当社が高く商品を買取れるのも、こういったサイトを利用しているからなのです。