レコードの買取を依頼する前に・・・

 自分の好きなアーティストのレコードを若い時に少ない小遣いで買い集めた、そんなレコードを手放すのはちょっと寂しいですね。

 

 でも、もう聴かなくなったのなら売りましょう。

 もしかしたらすごく高く売れるかもしれません。

 

 レコード屋さんが買取ってくれるということはまだそのレコードを欲しがっている人がいるということです。捨てても誰も喜びません。売れば誰かのことをちょこっと幸せにしてあげられます。世界のどこかであなたのレコードを待っている人がいるかもしれません。

*時間がない人は「レコードを高く売るには、送付と出張買取どちらがいいか」から読んでも大丈夫です。

あるいは

まず、どんなレコードが高く買取りされるか知りましょう。

 もともと、市場価値のないレコードは高く売れません。

 

 ヤフオクで20000円以上で売れるレコードの分析をしたことがあります。ざっくり分類すると30%ビートルズ、30%ジャズのオリジナルの輸入盤、30%クラシックのオリジナルの輸入盤、10%がその他という感じですね。

 

 ビートルズで高く売れるのは国内は帯付き赤盤です。特にオデオン盤は高く売れます。輸入盤の場合はParlophone盤ですね。ビートルズのレコードは比較的高く買い取ってくれる場合が多いと思います。

 

 ジャズのレコードで高く売れるのはやはり有名なBLUE NOTE盤を中心としたオリジナル盤ですね。国内盤でもBLUE NOTEレーベルのものは一枚数百円で買取ってもらえると思います。

 

 ただ、国内盤のカウント・ベイシー、セロニアス・モンク、ウェス・モンゴメリー、チャーリー・パーカーなどは比較的買取価格が低いかもしれません。マイルス・デイヴィス、ビル・エヴァンス、などは比較的高く売れます。

 

和ジャズも結構高く売れます。和ジャズというと渡辺貞夫や日野皓正を想像されるかもしれませんが、よく売れるは山本剛、鈴木勲、中本マリなど、あとthree blind miceレーベルのレコードです。

 

 クラシックのレコードはなんといっても英DECCAのオリジナル盤です。SXLで始まる番号のものです。2000番代だと数万(市場価格)するものもざらです。あと英ALPとか仏FALPとか英HMV、独DGGなどです。

 

 クラシックの場合、国内盤の単品のLPは当社以外ではほとんど値段がつきません。ただ、ローラボベスコ、デュプレ、グレングールドなどは国内盤でも単品で売ることが可能です。

ボックスになると、オペラの国内盤はほとんど売れません。ただ、交響曲全集とかソナタ集なんかは売れます。

 

 その他の10%はいろいろですが、プログレッシブ・ロック(ピンクフロイド、キングクリムゾン等)、パンクロック、テレサ・テンなどと、あといわゆるレアものなどですので覚えておくのは難しいですね。

 

  ご自分がもっているレコードがどのくらいの価格で売れるかを知りたいのであれば、オークファンで過去1か月のヤフオクの販売価格をチェックすることができます。もっと長い期間のデータを見るのであれば有料のサービスに加入する必要があります。 

 

どんなレコード屋で買取してもらうか

まず口コミサイトにでてくる業者はどうか?当社にもよく「口コミサイトを運営しているのですが、口コミサイトで信頼できる買取業者として御社を宣伝します」という営業の電話がかかってきます。つまり、口コミではなく有料広告です。有料広告が悪いわけではありせんが、口コミとうたって有料広告を出すのはいかがなものかと思います。あと、買取業者を評価するサイトですが、どんな人が書いているのかと探っても一切身元が分からない、そういう場合は一番よく評価されている業者が第三者を装ってサイト作っているんです。実際にはちゃんと買取をしてくれるかもしれませんが、ちょっと人間不信になりますね。

 

 出張買取をする業者。出張買取にはコストがかかります。ですので、「やっぱりやめます」と言われるのが怖いのです。だから出張買取をするレコード屋は断られないようにできるだけ高い査定金額を提示します。出張買取をしない業者はいい立地にあるため出張をしなくても、レコードが手に入るのです。送っても当然値段は叩かれます。

 

 大手はどうかという問い合わせをうけたことがあります。ディスク〇〇〇ンさんはたしかにコアのマニアが通っています。しかし、出張買取はなかなかしてくれないので、高く売れる自信のあるものを散歩がてらに持参していけばそれなりの価格で買取をしてくれると思います。

 

 ただ、行く手間を考えるとある程度PCを使える方はヤフオクでオークファンで相場を調べて高値出品(手数料はただ)をしてみてはいかがでしょうか。それで、売れたら新聞紙にくるんでスーパーにおいてある段ボール箱にはさんで発送すればそれほど手間もかかりません。 

    

  細かい明細を出してくれるところと出してくれないところとどちらがいいか。 私は明細を出してくれない業者の方がいいと思っています。明細にはまったく意味がありません。私は業者別の買取金額を比較するために、同様のCDセットを何件もの買取業者に査定の依頼をしたことがあります。返送の代金は結構かかりましが、どの店が高く買取ってくれるか検証するためには必要だと思いやってみました。もっともい査定金額のところは明細を出してくれるところでした。数百円から数千円のものは査定されましたが、数十円のものは査定されませんでした。

 もっとも高いところは明細を出してくれないところでした。たとえば、明細を出すところは1枚10円のCDの明細なんかだしません。手間ですよね。でも、明細をださないところはCDを1枚10円や20円でも買取ってくれます。CDが200枚で1枚20円なら4000円です。 

 

レコードを高く売るには、送付と出張買取どちらがいいか

 では、レコードを「送付」するのと「出張買取」とどちらが高く売れるかというと「送付」です。「出張買取」の方が高く売れるのではと思われるかもしれませんが、「送付」の方が、時間をかけてゆっくりレコードを査定することができるのです。

 

 たとえば、出張買取の場合、知らないレコードにはその場で値段がつけられません。何万枚もあるレコードの価格をすべて頭に入れるのは不可能です。しかし、そのレコードを持ち帰ってしらべてみると、数万とかいうこともあるのです。じっくり時間をかけて調べた場合、お宝があって高額になると分かれば、このお宝を逃がすのが怖いので決して足もとを見た査定にはなりません。

 

 つまり、一番いいのは出張買取でとりに来てくれて、持ち帰ってじっくりと査定してくれるところがいいと思います。

 

 当社では出張買取をして、よく相場がわからないレコードやCDが多く含まれていた場合、持ち帰り査定の提案をしています。持ち帰って、きっちり調べてより市場価格を反映した査定価格を提示させていただけます。

 

レコードを買取を依頼する際、言ってはいけないセリフ

 買取の際に言ってはいけないセリフがあります。

 

1.レコードに関するうんちくを言わない

レコード屋さんは何万枚もレコードを査定しています。全然、高く売れないレコードを「これは誰々の名曲を誰が演奏した名演奏」みたいな言い方をすると、「あ、この人はレコードの相場が全く分かってないな」とすぐ分かってしまいます。逆になにも言わないでいた方がレコードの相場を調べてる可能性があるので、足元は見られません。

 

 レコードの価格は音楽の質とは関係なく、そのレコードの稀少性とコレクターの数により決定されるのです。

 

2.廃棄の雰囲気をださない。

 いくら捨ててもいいと思っていても、決して廃棄っぽい雰囲気をだしてはいけません。「どうやって捨てるの」とか「どうせいらないから」などは決して言ってはいけません。その中に数万円するお宝があるかもしれませんよ。

 

 私は捨てるのが大変だからと1000枚のレコードをただ同然の値段で買取をしたことがあります。その中に、10万以上で売れたレコードが2枚ありました。そういうこともあるのです。

 

どんなレコードは買取をしてもらえないの?

 あくまでも私見ですので、もし買取をしてくれる業者がいましたらごめんなさい。

市場のニーズが低いのは世界音楽全集、民謡、小唄、落語、演歌、アイドル系などです。


ズバリ! 高く買取りをしてもらうコツは

 ある一言を言うのです。それは・・・・・

 

まだあるけど、先にこれだけ査定お願いします。・・・」

 

そうです。たとえ50枚しかレコードがなくても、他にも在庫がある雰囲気をかもしだすので。そうすれば、必ずレコード屋さんはベストの査定金額を提示します。私もそうです。(^^;

嘘をつくのが気が引けるという方、当社にご依頼いただいたときは「まだあるけど、先にこれだけ査定お願いします。・・・」とおっしゃっていただいてけっこうです。

 

こんなことを書いて他のレコード屋さんに怒られるかも (-_-;)

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ということで・・・・・ 

当社への買取のご依頼は

あるいは

最近の買取状況

3月17日

府中にレコード1000枚ほど買取にいきました。事務所内に置くスペースができていないので、車で待機中。

3月16日

久喜の方からレコード600枚ほど買取をいたしました。ありがとうございました。

3月12日

今日は草加にレコードの買取にいきました。その帰り、江戸川の堤防沿いの道を走っていたら、菜の花が一面に咲いていて、あまりにもきれいだったので、止まって写真をとりました。年を取るときれいな花とかに感動するようになりますね。

3月3日

千葉の香取郡の方からシングルレコード4000枚買取をいたしました。

2月12日

さいたま市の方からレコードいろいろ200枚買取させていただきました。ありがとうございました。

1月30日

さいたま市の方からジャズのLPを50枚、CDを50枚、買取をさせていただきました。ありがとうございました。

1月29日

東京都大田区からLP300枚送っていただき、買取が成立いたしました。

1月14日

岩槻の方からクラシックとジャズのレコード併せて300枚買取させていただきました。

1月12日

戸田の方からレコードとレーザーディスク併せて700枚買取をさせていただきました。

12月25日

入間の方からクラシックレコード300枚とCDを300枚買取させていただきました。ありがとうございました。

12月7日

伊奈のお客様からクラシックとジャズのレコード併せて7000枚買取させていただきました。生まれて初めて両腕がつりました。ありがとうございました。

レコードに関するお役立ち動画